わたしがぼっちママになるまでの話

わたしがぼっちママになるまでの話㊹

この話は長男が産まれてから様々なママ友と出会い、いろっっっいろな経験をしぼっちママになるまでの話です。

身バレ防止のため一部フェイクを入れてます!

辻褄が合わないところが出てくるかもしれませんがご了承ください。

不快に思いそうな方はUターンお願いします。

ーはじめから読むー

 

心がひび割れた気がしたママ友からの一言

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お別れ会をキャンセルしてしまったことは、申し訳なく思っていたのですがさすがにこの言い方はないんでないかい?

と思ってしまった。

このセリフは、数年経った今でも覚えてるほどショックでした(執念深い女)

でも、わたしが腹が立ったのって

図星

だったからなんだろうな。

つわりで入院することで、寂しい思いをさせる長男に申し訳なく思っていたので…。

もう会わないから、と思ったら我慢できたけど引越しがなかったらめちゃめちゃつらかったと思います。